So-net無料ブログ作成

開幕からのクオリティースタート「14」|タイ記録まであと2つ!! [スポーツ]


田中マー君(ヤンキース)の安定感、未だ健在のようです。

本拠地(ヤンキースタジアム)にブルージェイズを迎えての69試合目。
ヤンキースとしてはチームが2連敗中のため、
何とか連敗にストップをかけて地区2位は守りたい試合でした。

ところが初回、
先頭打者にいきなりホームランを浴びてしまい一抹の不安がよぎります。
いくら怪物マー君でも、相手は大リーガーの面々。
そろそろ捕まっても誰も責めることなどできません。

今季2位を保てているのはひとえに田中マー君のおかげだというのは、
ジラルディ監督以下チームの皆が認めているところでなのです。

しかし、マー君は崩れませんでした。
連敗ストッパーの役割を認識している彼は
ホームランなど無かったかのように、要所ようしょをきっちりと抑え、
ピッチャーライナーもしっかりとさばきながら、
6回を5安打1失点に抑えヤンキースを勝利へと導きました。

マー君自身も10奪三振で防御率2点台を切り(1.99)
勝利投手となったのです。 11勝はメジャー単独トップの成績です。

この勝利で、田中マー君の個人記録である開幕からの
クオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)は、
14試合連続
となりました


メジャーの記録は16試合連続
(1973年スティーブ・ロジャーズ=エクスポズ)
ですから、
あと2つで並ぶことになります。

野球の本場に渡って初めての年ですよ・・・すごい選手です、田中将大投手は。



スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。