So-net無料ブログ作成

ラマダンで空腹の大砂嵐、横綱初挑戦で2日連続の金星!! [スポーツ]


イスラム教徒の力士・大砂嵐が初土俵から15場所目の大相撲・名古屋場所で、横綱初挑戦ながら2日連続で金星という”快挙”です。 それも、今はラマダン月ということで、日中は飲食ができない状態ですから、とてつもなくすごいことなんです。 ただでさえ難しい”金星”を、空腹の状態で2つも勝ち取ったんですから、空前の”快挙”と言っていいと思います。


イスラム教徒のラマダン=断食というのは聞いたことがありますよね。
日本の国技”大相撲”も国際色が豊かになり、エジプト出身の力士もいたんですね。”大砂嵐”がその人で、イスラム教徒なんです。

どうして相撲取りになろうと思ったのかまでは分かりませんが、エジプトにて相撲の経験が多少なりはあったようです。 そうは云っても、言葉・習慣・食べ物・・・何から何まで異なる日本に来て、更には”プロとアマの差”が最も大きいと云われる”大相撲”の世界に飛び込んだのが2年前の2012年。

その大砂嵐が数々の逆境を物ともせず、小錦以来の15場所目での金星や、2日連続の金星をあげたことは本当に驚きでした。 残る最後の大横綱・白鵬戦は明日(20日)に決まりました。 片や白鵬は30回目の優勝がかかる今場所。 7戦負けなしで今場所も好調を維持しています。 明日の中日も、白鵬 VS 大砂嵐 目当てで、”大入り満員”となることでしょう。



   ラマダンに関する説明:Wikipediaより引用
ラマダン(又はラマダーン)=イスラム教・ヒジュラ暦における月の名前
(日本で云う”弥生3月””サツキ5月””師走12月”と同様)
但し、この月に限って断食を行う習慣があることから、ラマダン=断食月
と同じ意味で用いられることも多い。

イスラム歴=大陰暦のため毎年ズレが生じ、2014年は6/28~7/27の予定。
( 2013年は7/10~8/7だったし、2015年は6/18~7/16の予定 )

日没から日の出までの間に一日分の食事を摂ることになる。

【断食期間中に禁止されている行為】
飲食、喫煙、性行為、投薬(ただし健康上支障をきたす者は断食が免除されるので、投薬もやむをえない)、故意に物を吐く事などである

【断食期間中に許されている行為】
唾を飲み込む事や、投薬、うがい、歯磨き、入浴、昼寝など



スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。