So-net無料ブログ作成

大相撲・名古屋場所|大砂嵐以外の力士が霞んでしまった8日目 [スポーツ]


大相撲・名古屋場所、今日(7/20)8日目の見どころは
横綱・白鵬 VS 前頭・大砂嵐の取り組みでした。


ご存じのように大砂嵐が3横綱の内二人も撃破していますので、
残った横綱・白鵬戦もまさかの”金星”かと、注目が集まっていました。

結論から申し上げると、横綱・白鵬からの”金星”はありませんでした。
でも、1分を超える力相撲となり、2横綱を破った大砂嵐の金星は
フロックではないことを証明する取り組み
となりました。

何せ、大砂嵐の初土俵は2012年3月。 片や白鵬は2001年3月が初土俵。
11年もキャリアの差がありますし、今の時期(~7/27迄)イスラム教の
ラマダン月に当たるため、朝日が登ってから夕日となって沈むまで、
一切の飲食ができない状態で、白鵬と戦ったのです。
(その前の2横綱のときもそうでしたが・・・)

取り組みを振り返ると、白鵬とがっぷり四つになって、双方こう着状態。
白鵬も組んでみて、大砂嵐の自力を感じたのだと思います。
そうじゃなければあそこまで時間をかけることなく、いつもどうり
揺さぶりをかけながら、土俵の外へ寄り切っていたと思います。

そうならなかったのは、ひとえに前頭・大砂嵐に前頭以上の力を感じた
からではないでしょうか。 だから珍しく慎重になった。。。
日本の若手力士では、前頭・遠藤が注目を集めていますが、今回の
大砂嵐も違った意味(すでに若ハゲ、初のイスラム教徒力士、かち上げ)で
注目の力士なのです。

これでは遠藤もウカウカしてられません。 ”お姫様だっこ”だけで 目立ってるとは言いませんが、昔、土俵の鬼と呼ばれた”若乃花” 等 チャンとした”目標”を設定しないと、人気だけの力士で終わって しまいそうで残念です・・・稀勢の里しかり(きせは今からじゃ遅いか。。)。



スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。