So-net無料ブログ作成

遠藤 VS 大砂嵐|大相撲・名古屋場所 9日目 [スポーツ]


3連休の最終日、大相撲も”客商売”を心得ているようで、
遠藤 VS 大砂嵐の取り組みを持ってきて”満員御礼”が出ました。


遠藤 聖大(えんどう しょうた) 23才、初土俵:2013年3月場所
大砂嵐金太郎(おおすなあらしきんたろう) 22才、初土俵:2012年3月場所

遠藤に関して云えば、子供の頃から相撲一筋で日本大学まで進み、
アマチュア横綱の資格を持って大相撲入りしています。
角界での目標としては、
日大出身の先輩でもある「石川県出身の輪島」と語っています。
幕内に上がるスピードに髪の毛が追いつかず、マゲが結えないまま
土俵を務めたことでも、相撲ファンの期待を集めていました。

片や、大砂嵐。 過去2回記事にするほど、今場所は目立っています。
ラマダンで飲食ができない中、横綱・初挑戦で2横綱を倒しています。
頭の毛が薄くて、とても年相応には見てもらえませんが、遠藤よりは
1個下になります。

9日目の取り組みは、この期待の二人が対戦いたしました。

結果は、大砂嵐のかち上げ(エルボー)が不発気味で、遠藤の勝利。
二人の通算成績はちょうど五分の2勝2敗。 力も拮抗してるという
ことでしょうか。 遠藤は先場所かち上げでKOされてましたので、
研究勝ちといったところでしょうか。

ま、こうやって両者が切磋琢磨していくことが、結果的に大相撲の 隆盛につながるでしょうから、この先も研究しあって、見応えのある 相撲を取り続けて欲しいと思います。



スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。